読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日に架ける旅

5人と4人と9人に魅せられて

金欠ジャニヲタが考える金欠予防策

ジャニヲタには、月のお小遣いでやりくりする学生からバリバリ働く社会人まで、様々な人がいる。ちなみに、私は月々のアルバイト代をジャニーズにつぎ込みながら楽しんでいる、しがない学生である。

 

 

 

さて、本題だが、最近とにかくお金がない。正確には多少はあるのだけれど、減る割合が非常に高くなっている。このまま減り続ける可能性があることに非常に危機感を感じたため、収支の把握をするべきだと実感した。

 

今回は自分がこんなにも金欠になった原因を探っていきたい。

 

 

【原因1】嵐、NEWS、JUMPの掛け持ちになった

多分、考えられる理由の中でこれが一番大きいと思われる。掛け持ちは楽しさ3倍、ただしかかる費用も3倍なのである。

単純にCDやDVD、関連グッズに掛かる費用が増えていることが主な原因。

嵐はアイドル誌から卒業しているため、数年間は購入していなかったものの、NEWSとJUMPに至っては絶賛出演中であるが故に、映りがいいものや気になる特集が組まれている雑誌は、つい購入してしまう傾向にある。

最近は「『今』を大切に」ということをモットーにして生きているのだが、あの時のあの雑誌は良かったのになぜ買っておかなかったんだろう、と後悔する案件が多々あるため、これから先後悔はしたくない、自担の「今」を見るために、見たい欲求と金欠の2つに挟まれ、日々葛藤している。

 

 

【対策】

前々から決めていた、シングル購入はしないこと、CDやDVDの複数買いはしないという自分ルールは引き続き必ず守る。

また、雑誌は内容が気になるものは基本的に立ち読みで済ませ、どうしても欲しい雑誌がある場合は厳選に厳選を重ね、月1冊に絞って購入する。

ライブグッズに関しては、会場の雰囲気と公演前の高揚したテンションに任せて好きに買わないようにし、今後実際に使うのかという実用性を第一に、デザイン性と限定であることなどを考慮して購入する。

 

 

【原因2】アルバイトをし始めた

お金が入ると自由に使えるお金が増えて、余裕ができたからである。しかし、入れば入る程出ていくお金が多い。謎である。

 

 

【対策】

特になし。さあ、働こう。

 

 

【原因3】お金をかける方向が増えた

年を重ねるにつれて、何かとお金がかかる。友達とランチに行くと1食1000〜2000円以上は飛び、ファッションに関しては、昔買っていた服が5着以上買えてしまうような価格帯の服に目が行ってしまったり、制服を卒業し、私服を着る頻度が100%になってから、毎日同じ服を着ていると思われないことや、社会人の常識としてとしてメイクは嗜まなければならないなど、昔はそれ程気にしなかったことに手をかけ、お金をかける方面が一気に増えたことも原因となっている。

 

 

【対策】

この原因については今の所、個人的な最低限ラインで生活しているため、食費に気を使うということ以外の対策という対策は練ることができない。ヲタ活をする上での

心得として、いつも心に秘めているのが、ヅカ部のお姉様が仰っていた「自分の生活、仕事をきちんとしていてこそ楽しめるので、私生活を絶対にいい加減にしない」という名言であり、捉え方は人それぞれだと思うが、周囲との交際や身嗜みなども、自分の生活の一部として考えて充実させた上でヲタ活を楽しみたいと考えている。

広告を非表示にする