読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日に架ける旅

5人と4人と9人に魅せられて

「担降り」、「掛け持ち」問題

ジャニヲタ内でしか伝わらないネタになるだろうが、ジャニヲタは2人目、あるいは2グループ目のファンになる場合、「担降り」と「掛け持ち」をする人、2パターンに分類することが出来る。

 

 

 

担降りとは。

”アイドルのファンであることをやめる(降りる)こと”

 

掛け持ちとは。

複数の担当(アイドル)がいること”

 

「掛け持ち」と似て異なるもので「DD」「事務所担」なんてのも存在するが、今回は割愛。

ちなみに、某雑誌で櫻井さんが「担当という言葉はあまり好きではない」というような発言をしていて、櫻井担として少し刺さったけど「担当」という言葉を用いることにする。

 

ジャニヲタの中で「担降り宣言」「掛け持ち宣言」というある種の決意表明文を書く人が増えている。これはジャニヲタ界のルールでも暗黙の了解でもなんでもない。「担降り」「掛け持ち」したことを他人に知らせる必要があるわけではないのだが、最近よく見かけるし、自分も過去に宣言したことがある。

他の人がどういった気持ちで書いているのかわからないけど、私自身はどのような過程で掛け持ちに至ったのか、いつごろなのかが分かるように、という意味で、ただの備忘録として宣言をしている。

 

そういえば、私は今までジャニーズを応援してきて、「担降り」を一度もしたことがない。グループとして応援しているのはもちろんだが、嵐は櫻井担、NEWSは加藤担、JUMPは伊野尾担として私の中の担当は増え続けている。(まず、担当制度の概念すらふわふわしててよくわからないものだけど。)

 

そこで、「掛け持ち派」としての気持ちを書いていく。

基本的に「応援したい人は全員応援しちゃえばいいじゃない」というパンとケーキのあれやこれやを彷彿とさせる思考なので、これからも(何かの理由で「担降り」をする日がくる以外は)担当は減ることはなく、何かのきっかけで沼に落ちればその沼の数だけ担当は増えていくだろうと思う。

残念ながら、一部の人には掛け持ち派は嫌われたり、避けられているのが現実で、個人的には所謂「本気愛」の人には、掛け持ちが理解できないのだろうと考えているが、本当の理由は私には検討がつかない。

 

最後に。「掛け持ち」は楽しさが全てが倍になるからやめられない。ただし経済負担も倍。2人目を応援したくなった場合、一人に絞るために担降りをしなくても、条件が許せば掛け持ちという手もあるんだよ、ということを思い出してほしい。

JUMP沼への軌跡

遂に買ってしまった。前記事で「JUMPing CARnival」のTVCMの動く伊野尾にやられた、と書いた次の日、密林で迷いに迷いながらも、結局、意を決してレジページへと進んだ。

 

 

 

「君に」の歌詞とともに満面の笑顔で頷く伊野尾にハートを射抜かれた。あまりにも予想外だった。TVCMの影響なんて受けることはないだろう、そう思っていたのにまんまと引っかかり、買った人がここに。正直、シングル曲以外はあまり知らないのだが、CMの伊野尾の笑顔と並んで、私の購買意欲をそそった原因は「ペットショップラブモーション」が収録されていること。

 

 

私は、ジャニーズのどのグループも好き、というわけではなく、現時点では嵐とNEWSと+αでJUMP伊野尾を齧るくらいであり、今までは嵐とNEWSのDVDのみ購入していた。基本的に、自分の中ではグループ担しか考えられないため、グループではなくその中の1人のメンバーを推しそうになっている現状に戸惑いを隠せない。

 

 

さて、この記事、実は下書きに暫く眠っていたものを掘り返して書いている。なぜ、書き起こしているかというと、密林から例のものが届き、先ほど鑑賞を終えたからである。

 

嵐とNEWSのLIVEDVDしか見たことがないので、なんと言っても若い、キラキラしすぎて反射したり、美しさで靄がかかったりで画面が見えなかった。ダンスに若さゆえのキレがあり、つい群舞の美しさに釘付けになり、時間を忘れていた。平均年齢23~5、流石である。5人以下のグループと違って、人数が多いため、それぞれのソロショットが少ないのではないかと思ったが、思っていたよりも個人や少人数のアップがしっかり写っていたのが良かった。

やっぱり「ペットショップラブモーション」が可愛すぎる。なんだあの妖精。お似合いのねずみと犬に、高身長とのギャップがいいうさぎ、かわいい猫。素敵すぎる。何回見たかわからない上に、スロー再生をして隅から隅まで見て、思う存分楽しんだ。買ってよかった。

 

 

一方、個人的にちょっと残念だったのは、通常版しか手に入らなかったのでソロアングルとやらは見れなかったこと。やはり初回と通常で本編₍ライブ映像)の内容が違うのは寂しい。収録曲は同じでアングル別映像やライブの裏側などの特典映像がついているのはいいと思うが…。もう、差はブックレットとジャケットデザインとおまけ映像くらいに抑えてほしい。

もう一つ、編集の仕方。かなりブチブチ切れる切れる。だから2時間程度しかないのか。曲の間の「次の曲は何だろう…!?」というような現場にいるファンが期待感を抱いている時間を共有できない。

 

そして、ちょっとどころではなく、かなり残念だったのは、CMと全然違うこと!

あの、CMの伊野尾の笑顔に魅了され、購入に至った私からしてみれば、あの笑顔が収録されていないことに怒りを感じると共に、かなりショックだった。最早詐欺にあった気分である。あれは何だったのだろうか、私が見たあの笑顔は幻想だったのだろうか。もう、あの笑顔を見るにはCMを見るしかないのか。残念過ぎてならない。

 

編集や売り出し方に改善の余地あり、という感想は正直抱いたが、曲やパフォーマンス、セットリストなどには大変満足。今までに足を踏み入れなかった新たな境地に入ることができてうれしい。今は、私の周りにはあまりJUMPファンがいないので、購入したからには、全力で布教してやろうと必死になっているところである。

ジャニヲタ活動費

ジャニヲタを始めてから思い返せばいつも金欠である。なぜこんなにも金欠なのだろうか。年に1回程度行われるコンサート、頻繁に出るCD,DVD、つい買ってしまうグッズ、雑誌・本などなど、多数の出費が原因だと考えられる。

私がこれまでのジャニヲタ生活約8年間にジャニーズにいくら貢いできたかを、記憶にある範囲ではあるが計算をしてみたいとおもう。

続きを読む

NEWSの歴史を知る

 

前記事でNEWSに嵌ったきっかけを書いたが、「NEWS LIVE TOUR 2012~美しい恋にするよ~」のDVDで衝撃を受けたことは他にもある。

それは、「NEWSの歴史」を全く知らない、ということである。

続きを読む

ゼウスと新たな道の開拓開始疑惑

櫻井翔×NEWSのゼウス特集が組まれている雑誌が発売されるとの情報を手に入れたものの、時間がなかったせいでしばらく本屋には足を運べていなかったが、今日、遂に本屋へと向かい、一目散にテレビ雑誌コーナーへと向かった。

 

 

続きを読む

NEWSの魅力に気づくまで

昨年12月、私は晴れてNEWSのファンになった。人生初の掛け持ちとなる。

これまで嵐に一筋で、他のジャニタレの魅力に一切気が付かない程、我が道を進んでいたのだが、このタイミングで分岐点に立たされたのである。

元はといえば、松本潤主演のドラマ「失恋ショコラティエ」に関谷宏彰役として出演していた加藤シゲアキの麗しさに見惚れ、出演シーンを飽きることなく数十回は繰り返し観たところから始まる。

続きを読む

ジャニヲタになったきっかけ

はじめまして。
ジャニヲタ大学文学部言語学科とも比喩される、はてなブログを開始しました。
主にジャニーズに関することを綴ったり、感想を述べたりなどをして行きたいと思っています。

 

まずは、自己紹介という名の私のジャニヲタ人生の変遷から。
私は大学1年の19歳で、ジャニヲタ人生が目出度く開幕したのは、2008年6月12日。紛れもなくこの日である。

続きを読む